リセット

このところ雨天続きのドイツ。
日本の梅雨のように雨が続き、とうとう東南部では水害が深刻な問題となりつつある中、我が家といえばとにかく雨上がりを縫うようにして散歩に出かける毎日。
お陰でベランダに設置してある植物用の雨水タンクはすべてが満タンである。
ちょっと日が遡ったとある先日のこと、所用で一日中雨の中ボダイを連れて出かけて帰宅し、疲れ果ててソファの上に泥のように横たわるボダイを見ていて、ふと後ろ足の外側の爪がないことに気がついた。
いや、正確には例のごとく、爪の外側のケラチン層だけ失い、爪の芯の部分が剥き出しになっていた。
IMGP2367
ほれ、このとおり。ありゃま。
この爪は実は数週間前にチビラに踏まれて出血していたところでもある。
踏んだチビラには喝を入れておいたが、しかし踏まれて出血したからといって為す術もなく、これまた例によって例のごとく観察しながら放置を決め込んでいたわけで、その痛んだ爪の芯が数週間経って萎縮し、雨水で組織がふやけてケラチン層が剥がれた、というわけだ。
剥き出しになっている芯はすっかり乾燥してしまっている。
それにしても、爪が剥がれた瞬間を見逃してしまった悔しい感ったらありゃしない。(そこか!)
取れた爪を回収できなかったことをチビラも一緒に悔しがっていた。
そういえばもしや、と思いもう一方の内側の爪を見てみる。
もう一方の爪も実は数週間前にどうしてか痛めて出血をしていたのだ。
IMGP2361
傷めていたので、切らずにそのまま伸ばしっぱなし。
案の定、爪はぐらついている。
IMGP2362
うりうり。
IMGP2363
ぴょろーん。
というわけで、採れた、いや、取れた。
取れたケラチン層の下にある芯はもう萎縮して乾燥しきっていた。
なので本犬まったく痛みなし。
それどころかケラチン層が取れても舐めようともしない。
よく見ると、取れた爪の根元にはもう新しい爪が生えてきている。
とりあえず、すっきり。
これで爪がリセットされた。
しかも後ろ足の内外の2本の爪が取れたからといって、別に走りにも影響はない様子。
IMGP2378
追いかけっこの相手に8犬身もの差を付け、コンデジで写真撮ってもただの白く流れる物体になるくらい、充分走りは早い。(当社比)
爪がぴょろんと取れた翌日、朝出がけにチビラが玄関先で床の上に落ちている爪を見つけた。
でかした、チビラ!
私が抱いていた悔しい感が一気に解消された。
IMGP2384
そんなわけで、4本になりました。
Advertisements