爪 その後

IMGP2043
ボダイの爪コレクション、2つに増えました。(手前が新入り)
なんでかというとー...
それは私がまだ日本に行く前、私が不在中にはチビラとボダイに不便をかけるだろうと思いとりあえず行った森の中でチビラが↓こんなところで遊んでいた時のこと。
チビラの側に駆け寄ろうとしたボダイは周りの倒木や枝に躓き、
DSC_0097
こんなになった。
爪はぽっきりもげてはおらず、どうやら半分くらいが折れた模様。
放牧中断→帰宅。
あいたたた...
ぽっきりいってないから特に処理する術もなく、んで放置すること約20日。
DSC_0159
私の不在中、全身に掃除機をかけられるボダイ。
日本から帰ってきて爪チェックしていたら、折れてた爪がにゅるっと取れた。
IMGP2014
舐め舐め後。
取れたて新鮮。
IMGP2019
こうなってしまえば本犬もう痛くないらしい。
それにしても問題は、どうしてこうも立て続けに爪がもげるのか?
かといって爪自体が脆くなっている様子もなく、唯一疑いがあるのは自己免疫疾患の対称性爪脱落症または爪異形成症(Symmetric Lupoide Onychodystrophy、通称SLO)。
決定的な病名をゲットするための細胞診などは、もうボダイにとって単なるストレスのような気がするから特にする気はない。
今ある爪をそれぞれ短く切って、せいぜい爪に負荷がかかりづらいようにしながら回復を待とう。
幸いもう若い犬ではなし、バカみたいに駆け回ることも少なくなったことだし。(時々あるけど)
というわけで、とりあえず魚油投与治療開始なり。
もし効果があるのならば、効果が出るには2年くらいかかるようだが、まあ気長にいこう。
試しに抗生物質とかも合わせて投与してみようか。
IMGP2011
いやはや、年取ってくるといろいろ出てくるわねぇ。
Advertisements