リセット

このところ雨天続きのドイツ。
日本の梅雨のように雨が続き、とうとう東南部では水害が深刻な問題となりつつある中、我が家といえばとにかく雨上がりを縫うようにして散歩に出かける毎日。
お陰でベランダに設置してある植物用の雨水タンクはすべてが満タンである。
ちょっと日が遡ったとある先日のこと、所用で一日中雨の中ボダイを連れて出かけて帰宅し、疲れ果ててソファの上に泥のように横たわるボダイを見ていて、ふと後ろ足の外側の爪がないことに気がついた。
いや、正確には例のごとく、爪の外側のケラチン層だけ失い、爪の芯の部分が剥き出しになっていた。
IMGP2367
ほれ、このとおり。ありゃま。
この爪は実は数週間前にチビラに踏まれて出血していたところでもある。
踏んだチビラには喝を入れておいたが、しかし踏まれて出血したからといって為す術もなく、これまた例によって例のごとく観察しながら放置を決め込んでいたわけで、その痛んだ爪の芯が数週間経って萎縮し、雨水で組織がふやけてケラチン層が剥がれた、というわけだ。
剥き出しになっている芯はすっかり乾燥してしまっている。
それにしても、爪が剥がれた瞬間を見逃してしまった悔しい感ったらありゃしない。(そこか!)
取れた爪を回収できなかったことをチビラも一緒に悔しがっていた。
そういえばもしや、と思いもう一方の内側の爪を見てみる。
もう一方の爪も実は数週間前にどうしてか痛めて出血をしていたのだ。
IMGP2361
傷めていたので、切らずにそのまま伸ばしっぱなし。
案の定、爪はぐらついている。
IMGP2362
うりうり。
IMGP2363
ぴょろーん。
というわけで、採れた、いや、取れた。
取れたケラチン層の下にある芯はもう萎縮して乾燥しきっていた。
なので本犬まったく痛みなし。
それどころかケラチン層が取れても舐めようともしない。
よく見ると、取れた爪の根元にはもう新しい爪が生えてきている。
とりあえず、すっきり。
これで爪がリセットされた。
しかも後ろ足の内外の2本の爪が取れたからといって、別に走りにも影響はない様子。
IMGP2378
追いかけっこの相手に8犬身もの差を付け、コンデジで写真撮ってもただの白く流れる物体になるくらい、充分走りは早い。(当社比)
爪がぴょろんと取れた翌日、朝出がけにチビラが玄関先で床の上に落ちている爪を見つけた。
でかした、チビラ!
私が抱いていた悔しい感が一気に解消された。
IMGP2384
そんなわけで、4本になりました。

大寒波よ、いつまで居座るのか?

春分の日直前にロシアから大寒波到来のベルリン。
朝から晩まで一気に氷点下の毎日である。
一昨日なんか夜中にマイナス15℃くらい行ったらしく、私は幸いにもマイナス10℃くらいの時に就寝前の散歩を済ますことができた。ラッキー!
この間咲き始めたクロッカスなんかもう、また雪の中だもんね。
でもお陰で快晴、ちょっと気分はいい。
日差しは暖かいんだけど、日陰と風が容赦ない。
瀬戸内の生ぬるい気候で育った体にはあいかわらずちと厳しいのであった。
さて、皆さんにご心配いただいている爪のその後。
SLO疑惑の真っ直中、地道に魚油セラピーは続いている。
贔屓目抜きで明らかに足先を舐める回数は減り、爪もできる限り短く切ったことから引っかかって剥げる可能性が減り、いまのところこれまで通り普通に週数回の森放牧をこなしているが、さらなる生爪剥ぎ事件は起きていない。
よしよし。
IMGP2088
爪を下から見ると、芯が萎縮しているのがよく分かる。
爪のケラチン質と芯は剥がれているけれど、まだしっかり根元が固定されているので無理に剥ぐ必要もなく、それよりも剥がれた芯の保護役としてケラチン質は引き続き立派に役に立っている。
ケラチン質と芯の間は空洞で、歩くとストローをひっかくような音がしていたので、ギリギリ芯が出ないくらいまで更に短く剪定。
IMGP2089
後ろ足。(剪定前)
散歩の後に数分指先を舐める以外、ほとんど気にしなくなったボダイ。
このまま落ち着いてくれることを願うばかり。
IMGP2081
「そんなことよりメシの時間です」

爪 その後

IMGP2043
ボダイの爪コレクション、2つに増えました。(手前が新入り)
なんでかというとー...
それは私がまだ日本に行く前、私が不在中にはチビラとボダイに不便をかけるだろうと思いとりあえず行った森の中でチビラが↓こんなところで遊んでいた時のこと。
チビラの側に駆け寄ろうとしたボダイは周りの倒木や枝に躓き、
DSC_0097
こんなになった。
爪はぽっきりもげてはおらず、どうやら半分くらいが折れた模様。
放牧中断→帰宅。
あいたたた...
ぽっきりいってないから特に処理する術もなく、んで放置すること約20日。
DSC_0159
私の不在中、全身に掃除機をかけられるボダイ。
日本から帰ってきて爪チェックしていたら、折れてた爪がにゅるっと取れた。
IMGP2014
舐め舐め後。
取れたて新鮮。
IMGP2019
こうなってしまえば本犬もう痛くないらしい。
それにしても問題は、どうしてこうも立て続けに爪がもげるのか?
かといって爪自体が脆くなっている様子もなく、唯一疑いがあるのは自己免疫疾患の対称性爪脱落症または爪異形成症(Symmetric Lupoide Onychodystrophy、通称SLO)。
決定的な病名をゲットするための細胞診などは、もうボダイにとって単なるストレスのような気がするから特にする気はない。
今ある爪をそれぞれ短く切って、せいぜい爪に負荷がかかりづらいようにしながら回復を待とう。
幸いもう若い犬ではなし、バカみたいに駆け回ることも少なくなったことだし。(時々あるけど)
というわけで、とりあえず魚油投与治療開始なり。
もし効果があるのならば、効果が出るには2年くらいかかるようだが、まあ気長にいこう。
試しに抗生物質とかも合わせて投与してみようか。
IMGP2011
いやはや、年取ってくるといろいろ出てくるわねぇ。

爪取れた

みなさんの背筋を震撼させた(大げさ)生爪剥ぎ事件から6日目、そろそろ3本足歩行にも慣れてさくさく歩けるようになった頃、ちょっと長めの散歩に出て帰ってきて保護用ビニール袋を取ったら、爪もいっしょにぽろりと取れた。
IMGP1933
ぽろり。
ああ、すっきり。
IMGP1936
だけど、今度は肉、剥き出し。
IMGP1914
中がまるっきり空洞になっていて、ヒトの爪の丸くなった感じがよくわかる。
あとはほれ、この剥き出しになった肉が乾燥して小さくなってくのと同時に、新しい爪がぐいぐい伸びてくれるのを待つだけだ。
それまでの間、この剥き出しになった肉部分をどこかにぶつけて二次災害が起きてはかわいそうなので、散歩には引き続き厚手ビニール袋を巻いてでかけよう。
IMGP1922
やだ。
患部を観察しようとしたら、前足を隠された。
ぬぬぬ。
しばらく待っていると
IMGP1923
足を舐め出すボダイ。
実は、舐めているのは患部の左前足じゃなくて右後ろ足。
そいえばここもこの間から舐めている。
次はそこか!?その爪なのか?!??
覚悟しておこう。

災難は続くよどこまでも

年が明けたのは覚えてるけど、おかしいな、もう1月が残り1週間もないじゃない。
まだ1月前半気分でいたのに。
IMGP1891
突然我が家に登場した犬柄のトイレットペーパー。
4年ぶりくらいにチビラが風邪を引いたのはいいとして、それのおこぼれを私とボダイが貰って、揃いも揃って氷点下の荒野でボダイは超血便だわ、私は熱(38度5分くらいまでは計った)出したまま仕事続行だわ。
その反動で数日間空白のまま時間が過ぎていった。
病気しても誰もフォローしてくれないのが辛い自営業。
休むと休んだだけその後の処理が怖くていつも休めないのも自営業。
私の風邪も快方に向かい、2度目の下痢を乗り越えてようやくボダイが復活し、折しも青天の下2週間ぶりに森へ行った。

DSC_0180

来月で12歳のじいちゃんだから、バカみたいに走ることも少なくなったし、そろそろコートを着て放牧@マイナス6度。
DSC_0085
(事件発生10分前)
混み合っているであろう週末の森のハイウェイを避け、人気のない道を選んで雪の森散策。
滅多に行き着かない森の中の塔を廻って帰路についたとき、これまでぽてぽて歩きだったボダイにスイッチが入った。
森の起伏をうれしげに下りて上って、ちょっと向こうの方で折り返して私の足元を通り過ぎようとしたとき、ボダイが悲鳴を上げて止まった。
ぶらりと上げられた左前足の下に真っ赤な血がぽたぽた。
また、爪がもげた。
いや、正確には生爪が剥がれた。
ひぃーーー。(書いているだけで痛そう)
そういえばここ数日、左前足の爪をやたらとボダイが舐めていた。
触っても腫れているわけじゃないし、よくよく観察してみると爪の中の方が若干赤みを帯びていて、たぶんどこかにぶつけて爪の芯が痛んでるんだろうな、と思っていた。
ら、とうとう剥がれた。ひぃーーー。
ぽっきりもげるより痛そう。
(以下痛い写真出ますよー)
IMGP1896
お約束の傷口写真。
IMGP1900
よくわからない方への説明ショット。
爪の芯触ると当然痛い。
触らなくても私が近づいただけで肩がぷるぷるするボダイ。
(絶対何かされると思ってる)
前回みたいに爪がぼっきりもげたんじゃなくて、今回は何か中途半端に生爪剥げた。
かといってうちに麻酔薬ないし、剥げてもくっついている爪をもぎとるわけにはいかない。
まぁいい、しばらくしたら自然に取れるさ。
IMGP1908
とりあえず部屋が血だらけにならないように包帯ぐるぐる巻きの刑。
IMGP1907
3本足で行った夜の散歩から帰ってきて、リビング入り口で行き倒れるボダイ。
今月はなんかしら災難続きなのであった。
半年ぶりに発作もあったしね。
今度日本に帰ったら厄除けでも祈願してこようっと。

ニューボダイ その2

前回までのあらすじ→

筋弛緩薬により撃沈したボダイが担架に乗せられて手術室へと移動するのを見届け、私は待合室に戻った。
腫瘍の除去と去勢、2つ合わせて約1時間ちょっとを見込んでおり、その間気持ちが落ち着かないけど、落ち着いたふりをしながら本を読んで待つことにした。
ちょっとでも気持ちが落ち着くように、いまだ読み終わっていないチャールズ皇太子の著書「Harmony」の続きを読もうと思った。

思ってた矢先に、視界の端っこを通り過ぎる犬の陰。
見覚えのある陰と思いきや、なんとシャヤナだった。
シャヤナは私に気づき、うれしそうに尻尾を振った。
以前ちょうどボダイが頻脈でよろけた際にもこの待合室でシャヤナ&リアネとは偶然に出くわしたように、私たちはなんだかそう言う運命にあるようだ。
シャヤナより1秒遅れて飼い主のリアネも私に気づき、私たちは偶然の再会を喜び、そして彼女は改めてアポロの報告をしてくれた。

リアネはアポロの最後の飼い主、せっかく迎え入れることが出来たアポロをたった1週間で亡くしてしまい辛く悲しい思いをしたのだった。

リアネはスマホに残っていた最期のアポロの動画を私に見せてくれた。
肺炎で息が出来ず首を伸ばしてあえぐ姿のアポロを見て、やはり涙が出た。
また悲しい気持ちに襲われた私の手元をシャヤナがクンクン嗅ぎ回りボダイを探していた。

こうしてリアネと話をしていたお陰で1時間は比較的早く過ぎ去ってゆき、そのうちに手術を担当した外科獣医Dr. Lがやってきて、手術がすべて上手く終わったことを告げてくれた。
その後少しして術後のボダイが覚醒室(といってもフロアの一角だけど)に移され、私がようやく呼ばれた。

IMGP0642
マットの上に横たわるボダイはまだ静かに眠っていた。

IMGP0643
獣医看護のお姉ちゃんが入れてくれたコーヒーを片手に、私はボダイの隣に座ってただなでた。
なでているうちにしばらくして目が開き、そして覚醒期の幻覚によるひ〜ひ〜という情けない嘆きが始まったのだった。

IMGP0645
時間とともに徐々に麻酔は切れてゆき、ひ〜ひ〜はあおあおになり、そしてあお〜〜〜〜〜〜〜〜〜んに変わっていった。

IMGP0657
「あお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」

IMGP0653
足はまだおぼつかないけど、気持ちはフッカツ、へたれ全開。

3時間はたっぷり嘆いただろうか。
所長のDr. Sが通り過ぎる度にボダイに同情してくれていた。

嘆きに耳栓しつつ、一番心配だった心臓について「EKG(心電図)観察で教科書に載ってそうな期外収縮の15連発があったのでリドカインをいれた」とDr. Lは教えてくれた。
腫瘍も開けてみると思っていたよりも大きく、収穫物は早速病理検査に出された。

獣医看護のお姉ちゃんは、前歯の裏にあった歯石の除去までサービスしてくれたうえ、バリカンも最小限の範囲に留めてくれたらしく、後肢の長い飾り毛をそのまま残してくれた。
つまんないことかも知れないけれど、こういう細かい配慮が飼い主としてはうれしいわけである。

麻酔の覚醒時に側にいてやれることだって、飼い主心にとてもありがたいだけでなく、診療所側にしてみれば覚醒時の観察を一番良い相手にお願いできるわけだから、それに越したことはない。
覚醒室がフロアの一角にあるのも、ぞんざいに扱われているわけじゃなく、その逆。
スタッフの往来が多く何か異常があればすぐに誰かしらの目に付くというメリットからだ。

とはいえ、本犬はそんなこたぁお構いなしに幻覚にただ酔いしれていたわけだが。

IMGP0661
ボダイの後に来たお隣犬は毛玉のような13歳のばあちゃん犬、偶然にも同じような箇所での手術だったらしい。

ともあれ、かくして腫瘍と玉と度肝を抜かれたへたれ犬は、史上最悪のへたれ犬の名にふさわしく診療所の待合室にまでその遠吠えを轟かせ、私はといえば、ボダイが無事に手術を乗り越えた喜びと、そして予定よりも少ない金額の請求にさらなる喜びを受け、降り始めた激しい夕立の中、家に向かって車を走らせた。

家に帰っていつものソファに乗り、ようやくその日の疲れが出てきたのか、うつらうつらと頭を垂れ始めたボダイ。
しばらくしてまたひ〜ひ〜が始まったので、鎮痛剤を飲ませ、ご褒美の犬用ソーセージを腹一杯食べさせたら、それ以来静かに眠り始めた。
明日の朝までこれで眠ってくれればいいのだけど、もし傷口舐めたらしばくぞ。(ー“ー)

それにしてもこれからしばらくの間、毎日の薬の量がとにかく半端じゃない。
抜糸したら絶対解毒してやる。(とかいっているうちにすぐまたワクチン接種しなきゃなのよね)

IMGP0663
そんなわけで、生まれ変わったニューボダイ、この先もどうぞよろしく。

ニューボダイ その1

先日のdog actuallyでお話したとおり、ボダイの肛門周囲腺腫瘍はその後ホルモン投与によって萎縮の一途を辿ったことから、思惑通りの結果に腫瘍学担当獣医Dr. Rは満面の笑みを浮かべた。

そして次に1年数ヶ月ぶりの心臓の検査を受け、心臓専門医Dr. Fからその現状維持の良さを褒められ、手術へのGOサインを出された。

IMGP0616
「思ってたよりも断然いい」と恩師Dr. F。

IMGP0617
ひっくり返すと心拍が一気に200を超えるから、そんな冒険をしなくていいように立位での心電図と超音波診断。
チビラも興味津々。

これでとうとう障害がなくなったわけだ。

IMGP0619
うれしいのやら、寂しいのやら。
あとは私の気持ちだけが問題だった。

でも、背に腹は代えられない。
腫瘍を取り除いても玉が残っていては再発の恐れがあるし、去勢だけするのもありかも知れないけれど、一旦麻酔をかけるならさっさと同時に済ませた方がいい。

というわけで、心臓も調子がいい今のうちにオペの予約を取った。

IMGP0636
そうとは知らず、オペ当日にただ朝飯を貰えず納得いかないボダイ。

IMGP0640
なのに、今度は診療所に来て「今日は一体何をされるのか」、すでにやな予感でドキドキのボダイ。

診察台の上に持ち上げられついでに用意してあった薬剤をばたつく足でぶっ飛ばし、最後の抵抗を見せていたボダイも、ジアゼパム(筋弛緩薬)の前にはもう、だらりと力なく崩れ落ちるしかなかったのである。

(続く)

Gruene Woche 2011 家畜とショーイベント編

さて、今回は世界最大の農業メッセ「Grüne Woche」報告の続き。
前回の報告「会場編」はこちらから→ ( ̄□ ̄;)
広いメッセ会場の一部には動物展示用のホールがある。
ここで毎年ドッグショーが行われたり、またGrüne Wocheでも家畜の展示と、そしてイベントのためのアリーナが設置され、私達の行ったこの日、そこでは牛の品評会と馬のイベントが催されていた。
DSC_5552
繁殖組合の展示は無角ヘレフォード種牡。
WARGOL君、1420kgとな。
DSC_5554
その隣には取り巻きの乳牛達。
特設牛舎は現場と同じ作りが再現されている。
Grüne Wocheはそもそも農業メッセだが、農業関係者達だけが対象なのではなく、一般消費者への農業の啓蒙活動としても大事な場である。
牛・豚・馬・羊・ロバ・家禽などあらゆる家畜が会場内に現場と同様に再現された畜舎で展示され、来場者がこれらの動物を直接目にすることでまさにメッセは「from stable to table(畜舎から食卓まで)」を啓蒙している。
乳牛はもちろん朝晩会場で乳も搾られ、それぞれの動物の説明などは専門繁殖家達が対応をしている。(そもそも展示してあるブース自体が繁殖協会などのものだし)
しかもこれらの動物は「メッセのための展示」としてそこにいるわけだから、展示中の動物達が虐待されたり負担がかからないよう、ウェルフェアの面も動物保護団体によってチェックされ、後日厳しい評価とともに公表されるのである。
さて、となりのホールの特設アリーナではドイツ産のUckermärkerというマイナー品種の品評会が催されていた。
DSC_5557
Uckermärkerはフレックフィーとシャロレーを掛け合わせて作られた、ブランデンブルグ州とメックレンブルグ-フォアポメルン州で飼われている肉牛品種。
小振りだけれど、性格がよく環境変化への適応能力も高い上、出荷時の肉比率が高いと評判の品種だ。
DSC_5558
デモンストレーションなんかじゃなくて、本当の品評会。
活気があっていい!
DSC_5568
冬毛を刈られたハーフリンガー馬(チロル産のポニー)のお尻にハートが刈り残されていた。
愛嬌だね。(啓蒙だからね)
DSC_5592
またもや乳絞りダミーに引っかかる子供達。
DSC_5621
昼寝中のSattelschwein子豚。(これもドイツ産、英語ではサドルバックとも呼ばれる)
DSC_5665
Bio飼育では足元は藁、そして断尾もしないのよ。
※ 大型養豚場で豚の断尾をするのは狭い環境での飼育ストレスから来る「尾齧り」を防ぐためのただの対症療法、生後3日以内に麻酔なしで切り取られる。しかし、飼育環境を自然なものに変え、ストレスの原因を取り除くことで不必要な断尾は回避される。
DSC_5620
家畜から採れるウールの数々、手前からロバ(!)、アルパカ、ラマ、羊。
DSC_5625
原毛を洗って、紡ぐと毛糸が出来る。
昔ながらの手紡ぎの実演、子供達もそれぞれ自分たちで体験。
さてさて、再びアリーナに戻ると今度は馬のショーが始まっていた。
DSC_5687
ハンガリーの騎馬隊による歴史劇。
DSC_5708
アイスランド・ホースのデモンストレーション。
アイスランド・ホースは馬の中でもTöltと呼ばれる独特の特別な歩行をする珍しい品種、写真のように片側の前後両足が同時に出る。
そのせいか、乗り心地は極めて滑らか、まるでトイレに座っているかのようだ。
が、これはこれでけっこうなスピードが出る。
DSC_5715
ウェスタン・ライディングのデモンストレーション。
続いて、この日最後のプログラムはトライアルレース。
重量級の冷血種がワゴンを引いてコースを走り、タイムを競う。
DSC_5718
目の前を通り過ぎてゆく時に伝わる振動も楽しい。
見えるだろうか?ワゴンの両脇においてある赤いパイロン、その2つのパイロンの間を馬はワゴンを引いてゆかなければ減点となる。
DSC_5730
ロバは走る!というより、結構好き勝手なテンポでトロトロ。
やっぱり、ロバだ。
DSC_5734
トリはたてがみのゴージャスなSchwarzwälder種の引く時代物。
DSC_5677
アリーナの横で待機中だったSchwarzwälder種、前見えますか?
瞬く間に時間が過ぎて行った。
とまあ、メッセイベントのほんの一部を紹介したまでに過ぎないが、やはり「さすが農業大国ドイツ」と言わざるを得ない、そんな農業メッセだ。
こんなのが毎年1月後半に10日ほど開催される。
※ ちなみにドイツの肉製品自給率は100%を超える、肉製品の輸出国でもある。
今年は41万5千人の入場者でにぎわったこのメッセ、多くの人がこうして間近に動物を感じることが出来るのを見ていると、この国がどうして動物保護や自然保護に熱心なのか、そんなの当たり前のような気がする。
農業関係者、農業好き、動物好き、そして食に関心のある方はぜひ一度足を運んでいただきたい。
きっと、何かしらの感銘を受けるはず。
それがこのメッセの狙い、「啓蒙」なのである。
食を大切にするならば、その足元も大切にするべし。

Gruene Woche 2011 会場編

世界最大のアグリカルチャーメッセ「Grüne Woche」が今年もベルリンの国際メッセ会場(ICC)で開催された。
毎年ながら会場全てを使い、農業から食品、ガーデニング&エコまで、とにかく土と動物と自然に関係のあるものなら何でも出展されているといってもいいメッセである。
なにしろ会場が広いから、たった一日では回りきれない。
今年もだいたいの目星をつけて、お目当てのブース目指して会場内を突っ走った。
が、今年は友人獣医師とそれぞれの子供を連れて行ったものだから、突っ走った方向は必ずしも目的方向を向いているというわけではなく、かれこれ4時間ほど彷徨ったあげくにようやく目的地に辿り着くことが出来た、というわけ。
まあ、気持ちだけ突っ走ったつもりで。
以下に会場内放浪の軌跡を綴っておこう。
DSC_5512
南ドイツ・シュヴァルツヴァルドのブースには民族衣装のボンボン付き帽子が。
DSC_5511
ドイツビール協会のブース。
全部銘柄の違うご当地ビールが並ぶ。
DSC_5520
インド系食品のコーナー。
DSC_5519
昼食時にあたったせいか、やたらと混み合っていた。
スザンネの希望によりベトナム料理のブースで私達も昼食をとった。
DSC_5521
トルコの焼き菓子。
美味いけど、甘い!
今年の入場者数は41万5千人を数えたこのメッセ。
いろいろな国のいろいろな食品メーカーが今年も所狭しと並んでいたが、今年ばかりはなぜか日本の食品メーカーは出展がない。
こんな大事な商談の場である国際メッセを逃すなんて、いったいどうしたことだ?
すくなくとも数年前には日清やヤクルト、アサヒビールに紀文と複数のメーカーがならび、それぞれドイツ国内での市場をしっかり確保するという好成績を挙げていたはずなのに。
昨年はそれでもどこかの緑茶メーカーがプレゼンしていた。
んで、今年は?
がんばれ日本。
さて、インターナショナル食品の部でしっかりと腹ごしらえをすませた後は、Bioマーケットの部へ。
DSC_5522
GEPAのカカオとコーヒー、Bio&フェアトレード。
カカオもコーヒーも、産地では労働者がとにかく酷使されているのが問題。
産地では年端の行かぬ子供までが収穫に関わり、収穫物は経済国に安く買い叩かれている現状だ。
折しもバレンタインデーとかで、チョコレート業界は掻き入れ時なのだろうけど、だからせめて「フェアトレード」で労働に見合った正当な報酬を彼らが得られるよう、経済国の消費者として気に留めていたい。
どんなに美味しいチョコレートやコーヒーでも、生産者が買い叩かれているかと思うとどうもね。
DSC_5523
同じくBioでフェアなコーヒーを提供するRegenwaldkaffeeのコーヒーを頼んでにっこりの友人スザンネ。
私もBioでフェアなLatte Macchiatoを飲みながら、途中でハチミツ屋に引っかかって試食のあげく2瓶購入、その後農業省のBioブースに引っかかり...子供たちは子供たちで牛の模型に引きつけられていたり。
それでもゆっくり見ている時間もなく、ただ来年に希望を託す私。
そんなこんなで、ようやく目的の体験農場のコーナーに突入〜!(ぜぃぜぃ orz)
DSC_5530
左手に政府のリスク分析評価機関(BfR)のブース。
ちょうどダイオキシン汚染卵事件があったことから、消費者向けに「食品の安全基準についての一般知識クイズ」なるものを行っていた。
全問正解すると景品がもらえる。
スザンネはBfRネーム入り食器布巾(かなりベタな景品)、私はチビラの牛のイラスト付きランチボックス(これもBfRネーム入りのベタなヤツ)をゲット。
DSC_5533
そのブースの前にある乳搾り体験用のゴム乳房で苦戦中のスザンネの息子トム。
DSC_5538
農場のジオラマ。
DSC_5534
実はリモコン操作でトラクターを動かし、土を耕すことができる。
大人ばかりが夢中になって遊んでいたぞ。
DSC_5544
連邦臨床獣医師会のブースでチビラは吹き矢を初体験。
私はこの向かいにあったOIE(国際獣疫事務局)のブースで、今年全世界で展開する獣医大学発祥250年記念イベント「世界獣医年」の広報にあたっていた恩師に遭遇。
いやはや。
子供達に「世界獣医年」のロゴ入りTシャツとエコバッグをもらった。
DSC_5549
かっこいいトラクター達、でかい。
もちろん試乗もできる。
この他、乳牛用の畜舎の展示(牛付き)や豚舎の展示(豚付き)などもあるのだけど、これは次回にまとめてお話しすることに。
DSC_5636
ジャガイモの新旧品種コーナー。
ジャガイモのそれぞれの品種には「アレクサンドラ」とか「プリンセス」とか女性の名前がつけられているのが面白い。
DSC_5639
んで狩猟協会のブース周辺には、
DSC_5644
キツネの一行をはじめ、イノシシ家族も。
DSC_5643
ここでも子供向けに「ハンタークイズ」を実施。
またもや全問正解で、どんどん景品が溜まってゆく私達。
ここの景品の中身は野山を歩く時の『自然ガイド」、獣の足跡とか習性とかいろいろ知識が載っている小冊子+バッジやらぬりえやら。
DSC_5653
んでもって、小さなチーズ工房のチーズ販売。
ヒジョーに後ろ髪を引かれつつ、次へ。
つづき →「家畜とショーイベント編」